関東最後の切符を手に入れた二松学舎大付属高校(東京)。昨夏、甲子園1勝をあげたメンバーが多く残っています。
その時活躍した1年生バッテリーがこの春センバツに!!

秋の東京都大会決勝で惜敗し、神宮大会出場は逃したものの、昨夏から成長した姿を見せてくれた今村大輝捕手と大江竜聖投手は、この春の随一のコンビと言えるでしょう。
甲子園を肌で感じた選手が多く残る、同チームは虎視眈々と優勝旗を見据えています。
スポンサーリンク

強心臓!?大胆不敵の今村捕手


2014年夏の甲子園1回戦対海星(長崎)戦。
甲子園初打席はいきなり鳥肌の立つような場面でした。

相手投手の立ち上がりを攻め1点を奪い、なおも2アウト満塁。
その場面で1年生の今村選手に打席が回ってきました。初球インコース高めの直球を思いっきり引っ張り込んだ打球はさらに2点を奪うタイムリーヒット(上記動画1:10~)。

その後も2安打を放つなど大舞台で力を発揮しました。
この夏の甲子園出場を決めた東東京大会決勝戦で3点を追う7回で放ったスリーランホームラン。

これで一躍注目されるようになったことでもわかるように、勝負強さが光る打撃が魅力です。
またリード面でも強心臓ぶりを発揮。
「リードが急すぎる」「捕球に若干の難がある」等まだ粗削りな面もありますが、それを補って余りある「勢い」があります。

秋の東京都大会準決勝は昨年の春のセンバツ出場を最後に阻んだ因縁の相手、関東一校戦。
延長戦にまでもつれたこの試合を決めたのは、球に逆らわず打った今村選手のセンターへの犠牲フライでした。

今回のセンバツに向けては「冷静なリードをこころがけたい」と語るように、昨夏からより少し大人になった姿を見ることができればより素晴らしい活躍が期待できるのではないでしょうか。

夏の忘れものを取りにエース・大江投手

同じく、昨夏の甲子園で好リリーフを見せ、脚光をあびた大江投手。
5点差を1点差までに追いつかれた5回に急遽マウンドへ。

なおも満塁のピンチを、直球と独特の握りから投げるスライダーで見事に切り抜け、相手の勢いを断ち切りました。
その後は1安打ピッチングを披露し見事、勝利!

しかし、続く沖縄尚学戦では1点差リードでマウンドに立つものの、追いつかれ、9回裏1アウト2塁のピンチに左中間を破る2塁打を打たれ、力尽きました。
その悔しさを胸に秘め、秋の東京都大会ではリリーフではなく完投型のエースとして臨みました。

3回戦の早大学院戦。
15回をゼロで並べ、この試合を見事1点差完封勝利しました。

その時のコメントが「力の抜き入れをしながら、ピンチに球威を上げて、抑えていきました」と言うように頭脳的なピッチングができます。準決勝関東一戦でも延長11回を172球の完投、決勝では敗れたものの最後まで一人で投げ抜いた力投は、対戦相手の東海大管生を驚かせました。

センバツ甲子園は短期決戦です。
自分をコントロールできる投球術とスタミナがあり、決勝戦まで投げ抜く力は十二分にあるでしょう!!