「美容師」と「理容師」似た名前で、何が違うんだろう?と思う方は多いのではないでしょうか。

なんとなく、美容室は主に女性が通う場所で、理容室は主に男性が通う場所、というイメージがありました。

けれど、実は、「美容師」と「理容師」は、業務内容が違うんです!!
なんとなくは知っていたような・・・
知らなかったような・・・

そこで、今回は調べて分かった「美容師」と「理容師」の違いについてご紹介します。

Sponsored Link

理容師と美容師の資格やお仕事の違いは?

  • ・理容師
  • 髪の刈り込みやカット、シェービングなどに付随することで容姿を整えること。
    理容師養成施設(専門学校など)を卒業し、理容師国家試験に合格すること。
    理容室や床屋、ヘアサロンなどでカットやシェービング(これは主に男性)を担当すること。

  • ・美容師
  • 化粧や結髪、ヘアアレンジ、パーマなどで容姿を整え、美しくすること。
    美容師養成施設(専門学校など)を卒業し、美容師国家試験に合格すること。
    美容室やヘアサロンなどで、ヘアスタイリングや着付け、化粧などを行うこと。

本来、カットは理容師の仕事だったのです。
「美容師」は、ヘアメイクや着付け、マッサージやエステ、パーマなどで美を演出するスペシャリスト。
「理容師」は、主にカットとシャンプーやマッサージに、シェービング(顔そり)で身なりを整えるスペシャリスト。
というわけです。

ちなみに、理容師には顔そりが認められていますが、美容師には顔そりは「メイクをするにあたって必要な施術」としてしか認められていないのも特徴です。

なぜ理容室は男性、美容室は女性のイメージなのか?

では、理容室が主に男性、美容室が主に女性のイメージがあるのはなぜでしょう?
イメージの成り立ちは、文明開化の頃に遡ります。

文明開化によって断髪令がしかれた頃、男性は断髪を行う為に、理容師に髪をカットしてもらっていました。
また、シェービングを必要とするのも男性が主だった為、男性は理容室を訪れます。

逆に女性は、明治時代になっても髪を結うのが常で、「髪をカットする」という概念がなかったので、本来髪結いの仕事である美容師により、髪を結ってもらったりしていました。

また、化粧をするのも女性が主だった為、女性は美容室を訪れます。
その為、理容師は主に男性が通う場所、美容師は主に女性が通う場所、というイメージが定着していたのですね。

Sponsored Link

まとめ

近年では、女性も髪は結うだけでなく、カットもして、パーマやヘアアレンジで身なりを整えます。
その為、美容室でもカットを行っており、美容師と理容師の概念が曖昧になっていったんですね。

難易度としては、美容師は8割ほどの合格率に対し、理容師は合格率が低い傾向にあります。
理由としては、美容師に比べ理容師は、シェービングを施すなど、高い技術が必要となるためといえます。

美容師か理容師になりたいけど違いが曖昧、という人は、業務内容の違いや、国家資格自体も別物である、ということを理解し、どちらになりたいかの参考にしてみてくださいね。