仕事でも日常生活でもなにかと使う機会が多いボールペン。
一本しか持っていない時に急にインクが出なくなって困った経験はありませんか?

わざわざコンビニや文房具店に買いに行くのも億劫だし、誰かに毎度借りるのも気が引けますよね。
そんな時に使えるボールペンの復活方法と保管方法について紹介します。

Sponsored Link

なぜ急にボールペンが書けなくなるのか?

まずは原因を知ることで解決策が見つかります。
多くのパターンとして、まずインク自が体なくなっているわけではありません。

長く使うことでインクが乾いてしまっていることが原因ですので、この乾きを取り除くことでボールペンは復活をします。
他の原因として、空気が入り込むことでインクが抑えられる事もあるようです。

有効なボールペンの復活方法

ライターでペン先を炙ることでインクが溶けて、文字を書けるようになります。
ライターがない方は熱湯で代用が可能。

動画でも紹介をされていますが、ドライヤーで熱を送る方法も有効ですね。
自転車の回転で、ボールペンの中の空気を抜く方法も紹介されています。この方法は効果は高いようですが、手間が掛かってしまいますね。

そんな時に手軽にできるのが、ボールペンを縦にし、輪ゴムで回転させてインクがでるようにする方法!!
こちらは自転車の車輪をつかって復活させる方法の応用です。

回転させる事で、空気を取り除く理屈で、時計回り、反時計回りに輪ゴムを使って回転させることでインクが出るようになります。

続いては夏場におすすめの方法です。

動画では遠心力を利用することで、ペン先に届いていないインクを届ける方法として紹介されています。
長時間使うと、どうしてもインクがペン先に届かなくなってしまう問題を解決。

輪ゴムや自転車を使った方法と似ているので、空気が入って書けない場合にも使えますね!夏場限定ですが・・・

他には、グルグルと何度も空書きをすることで摩擦が生じ復活させることも出来ます。
この場合はインクが乾いていないことが条件です。
これで復活をした経験がある方も多いのでは?

Sponsored Link

そもそもインクが出ないようにならない方法ってあるの?

ボールペンインク
普段の保管方法で、書けなくなるのを防ぐことができます。

まずは、普段ボールペンをどのように置いているか。
そのままデスクの上に横に置いていますか?
それともペンを立てる時にペン先を上に向くように置いたりしていませんか?

これは駄目な保管方法で、インクがペン先とは反対の下の方に流れていくので、急にインクが出なくなる原因に!!

普段からペン先を下にするようにしましょう。

他にも、インクの乾きを防止するのに、キャップは使ったら必ず毎回閉めること。
この時もペン先は下を向くように保管をします。

一見保管先に良い感じがするが、高温多湿もダメ!!
インクが乾かないのでいいんじゃないの?って思うかもしれませんが、長時間、高温多湿の場所で保管することはインク自体の劣化を招くとの事。

他にも低温の場所ですと、インクの粘りが強くなり文字が薄くなりやすいようです。

最後に

ボールペンインクがでない時の対処と、事前に出来る予防方法でした。

会社には、インクが出なくなったボールペンが大量にあるんじゃないでしょうか?
簡単に出来る方法なので、新しく買う前に一度試してみましょう。

ちょっとした無駄使いを減らすことができますよ。