笑いを届けてくれる芸人さんの努力の結晶であるコントと漫才。
日々、ネタを考え、どうすれば多くの人を楽しませることが出来るのか?

そんなお笑い芸人さんが世に出るために必要なのがコントや漫才です。
みなさんは2つの明確な違いを知っていますか?

今さら聞けない・・・

と、知らないままの方も実は多いんじゃ?

実際の例や代表的な芸人を紹介しながら、分かりやすく説明していくので、長年気になっていた方は一緒に見ていきましょう!!

Sponsored Link

漫才の形式はあくまで言葉で笑わせる芸!

漫才はあくまで芸人本人が漫才を演じることであり、つかみからボケ、最後にツッコミをいれて二人の挨拶で終わる、というような一連の流れをすべて喋りで通すイメージです。

漫才で多いのが時代に合わせた時事ネタを持ってくることも多いですね。

コントは形式が決まっていなく自由

分かりやすいのは、昔テレビでやっていた志村けんさんがやっていた番組ですね。
セットを組み、小道具を沢山使ったものや、キャラクターを決めてそれを演じるというイメージがコント。

コントと漫才の違いは芸人にとってこだわりがある

見ている方からすれば面白ければどっちでも良いと思いますが、演じる芸人さんにとっては、コントなのか漫才なのか、自分の力量や特徴を作るのにとても大切な部分です。

漫才は二人じゃないと出来ないが、コントは一人でも出来る芸!

極論にも近い考え方になりますが、ある芸人さんがこのように考察をしていました。
しかし、綾小路きみまろさんの芸は何になるのか?
彼の芸風は、漫才ではなく漫談となります。

最近は、漫才とコントを混ぜた芸風も多い

コントと漫才が持つ良さをMIXさせているスタイルですね。
一見コントに見えるが、話を主体にさせたスタイル、漫才のように見せて途中からコントの要素を入れるなど、現在は明確な線引が出来ないと言われています。

当然「こんなのは漫才じゃない!!」と感じている芸人や視聴者もいます。
ゆくゆくは、新しい笑いの形のスタンダードが出てくるかもしれませんね。

Sponsored Link

漫才の代表的な芸人は?

芸風は千差万別。

    漫才ですと、
  • おぎやはぎ
  • スピードワゴン
  • ハライチ
  • オードリー
  • ブラックマヨネーズ
    コントを混ぜた漫才では、
  • アンタッチャブル
  • サンドウィッチマン
  • フットボールアワー

現在はバラエティのトーク番組がメインになっていますが、動画サイトでコントや漫才を見れますので、違いを考えながら見るのもいいでしょう。

終わりに

コントと漫才の違いは、線引が難しいのが今の現状です。
かつては、
・セットや小道具を使ったものがコント
・喋り・表情など芸人の体だけで笑いをとるのが漫才
だったということは頭の片隅にでも入れておきましょう。

「これはコントだ!」と分かりやすものもあれば、線引きの難しいスタイルも見えてくると思います。