気象庁の3ヶ月後の気温予測データによりますと、関東地方全般は平年並みかそれより少し高くなる予測がついています。
これを見ると、桜の開花時期も少し早くなるのでは?

2016年の日本気象株式会社の第1回目の開花予想では、

  • 開花3月22日頃
  • 満開3月29日頃

となっています。

関東地方の桜開花の平均は3月26日前後とデータでありますので、やはり例年よりも少しだけ早くなりそうですね。

※こちらのサイトでも随時、開花情報を更新したします。

あと名所や桜の種類によって開花時期は変わってきます。
続いては、それらも考慮した見ごろの時期や花見スポットについて紹介していきます。

Sponsored Link

東京都内で一番の見ごろは3月下旬

都内各所の桜の見ごろは、例年通りなら4上旬となっています。

2013年は平年より10日ほど早いデータがありますが、2015年は3月29日、2014年は3月30日、2012年は4月6日でした。

したがって気温平年年並みか、少し高くなると予測されている2016年は日本気象株式会社が発表している通り、3月29日頃が見ごろではないでしょうか。

気温の変化により1週間程度ズレがありますので、開花してからの天気と気温は要チェックです。

では次に、各都内の桜の名所を紹介いたします。

立地の造りから日本庭園と呼ばれている日比谷公園


ここはいわずもがなってところですね。
シートを敷いて大人数で楽しむのも良し、歩きながらのんびりと楽しむのも良しです。

売店もありますから歩きながら軽食も。
夜桜はないようです。

料金はかかりませんので、休日に散歩がてら寄ってみてはいかがでしょう?

1300本と65種類の桜が楽しめる新宿御苑

先ほど、桜の開花から満開までの期間は3月下旬から4月上旬と言いましたが、新宿御苑は八重桜が20種類ほどあり、4月上旬に開花し、4月下旬まで桜を楽しむことが出来ます。

開演時間は9時からで入園は16時まで。
閉園は16時半となっています。

定休日は休日の翌日の月曜日。
祝日が重なる場合は翌日。

料金は大人が200円、子供が50円ですね。
注意する事はこちらはアルコール類の持ち込みが禁止されていますので、お酒を飲みながら桜を楽しみたい方は違う所に行きましょう。

ルールを守って桜を楽しみましょうね!!

関連記事:2016!新宿御苑の桜情報!見ごろや混雑状況について

毎年賑やかな桜まつりの目黒川

多くの方は知らないで通った時に、賑やかな雰囲気を感じたと思います。

桜まつりと題されたイベントがあり、大道芸人、吹奏楽や模擬店など歩きながら花見を楽しむことが出来ます。

宴会は禁止されていますので、歩きながら目黒川になぞって咲いている桜を鑑賞しましょう。

18時から21時まで、綺麗なイルミネーションのライトアップがありますので夜桜鑑賞もおすすめ。
平日の仕事帰りに友人や恋人と鑑賞をされてはいかがでしょう?

関連記事:【2016】目黒川の桜情報!ライトアップやお花見クルーズについて!

Sponsored Link

芝生に座って楽しみたいなら都立代々木公園

やっぱり座ってみんなで食べたり飲んだりしながら楽しみたい!
そんな方は都立代々木公園ですね。

24時間開放、日本酒などのアルコール販売もあり、売店もありと、花見は座って楽しむものだ!って方におすすめ。
入園料金は無料。

関連記事:代々木公園のお花見情報!場所取りやトイレ、人気のスポットや周辺のおすすめレストラン!

終わりに

個人的な好みの場所も入れてしまいましたが、歩いてゆっくり見たい、座ってゆっくり見たい方、桜を見る名所として参考にしてみてください。