今回は東海大相模高校の2年、吉田凌君とのダブルエースを形成する小笠原慎之介君を紹介します。

この投手も吉田君と同様、昨夏から背番号10を背負い、試合に出場していました。左腕で、140キロ台中盤のストレートと多彩な変化球が魅力で、右の吉田・左の小笠原と2枚看板を形成しています。
スポンサーリンク

小笠原慎之助の特徴


小笠原慎之介君(私立東海大相模高校・左投左打・投手)
178センチ、88キロと若干ぽっちゃりとした体格でしたが、今年のスタートでは83キロまで落としてきたという情報もあります。

MAX146キロと左投手では超高校級。
特筆すべきは多彩な変化球とコントロール、そして抜群の勝負度胸が持ち味です。
スリークオーター気味の左腕から投げ込まれるボールは左打者が打つのは苦労しそうです。

多彩な変化球で打者を翻弄!

持ち球は100キロ台のカーブを筆頭に、ツーシーム、スライダー、チェンジアップをちりばめ、ストレートを打者の内角に投げ込むピッチングが持ち味です。

たとえ調子が悪くとも、カーブを多投してフォームを整えるなど、冷静さも持ち合わせています。
変化球を投げるときもストレートと同じフォームから投げ込むことができ、打者が的を絞るのは困難です。

勝負度胸に注目!

この投手はランナーがいないシーンでのストレートの球速は135キロ前後とあまり早くありません。
しかしコントロールよく、打者の内外角に投げ込み、変化球で打ち取るスタイルです。

そして、ランナーをスコアリングポジション背負うと、ギアを一段階上げ、ストレートは140キロを超えて、積極的に内角ストレートを投げ込んでいく気持ちの強さを見ることができます。

唯一の欠点は・・・

この投手の唯一の欠点は、右肩の開きが若干早めなところです。
そのため、右打者からはたまの出所が見やすくなってしまいます。

インステップのフォームは特に左打者に対しては強さを発揮するため、無理に直そうとしないでほしいと思っています。