秋の神宮で優勝した仙台育英(宮城)。
2015年の選抜も誰もが認める優勝候補筆頭です。
投打の核になる2人のヒーローはもちろん、そのほかにも可能性を持った選手もいます。今回は優勝のキーとなるであろう3人に注目したいと思います。
春の甲子園はこの3人を擁した仙台育英が中心となるでしょう。
スポンサーリンク

2種類のフォークで翻弄。「音速の貴公子」世那?!


「投」のヒーローはもちろんプロ注目の佐藤世那選手です。
持ち味は常時140キロを超える直球と高校生ながら2種類のフォークを操り、110キロ台のカーブで緩急をつけることができるということです。
スリークォーター気味から投じる直球は、対戦した打者の話ではホップするとか!?
腕がよくなしなる独特のフォームから放たれる球は伸びるのでしょうね。

なんと秋の県大会では4連続完封勝利をあげました。その後の東北大会でも31イニング8失点と安定した投球。3回戦の八戸学院光星(青森)戦でMAX144キロを記録した、まだまだ底の知れない2年生エースです。

余談ですが名前の「世那」は伝説のF1レーサーのアイルトン・セナにあやかったものだそうです。

センスと実力を併せ持つ中距離砲・平沢


「打」のヒーローはこちらもドラフト候補、平沢大河選手です。
決して大柄ではないですが、スケールの大きな打撃が魅力です。優勝した秋の神宮大会では3番打者として、10打数5安打の打率5割、ホームラン1本。
そのホームランも決勝戦の対浦和学院(埼玉)戦。2-1で迎えた終盤7回、2死2塁での優勝をぐっと引き寄せる一打。チャンスに強いところを見せてくれました。

特徴は早いスイングスピードと選球眼。長打もありますが、なんといっても広角に打ち分けるセンスは東北一の逸材と評判です。また守備も安定しており、守備範囲の広さ、自慢の強肩は超高校級といえます。

元気のいい切込み隊長・佐藤将

 

「投打」のヒーローが際立っていますが、もちろんほかの選手もレベルが高いです。
その中で一番注目するのは佐藤将太選手です。秋季東北大会の決勝、大曲工業(秋田)戦で3安打3打点の活躍で2年ぶりの東北制覇に貢献。神宮大会決勝でも勝ち越し点のチャンスメイクとなる3塁打を放ちました。

ただおもいっきりがいい反面、先頭打者として初回の出塁率がよくないのが気にかかります。
まだまだ荒削りではありますが、強力仙台育英打線の導火線であり、甲子園制覇のキーマンになるでしょう!!

以上。
今年の選抜は仙台育英のスーパートリオに注目です!