センバツ出場校決定まで2週間になりました。
ここからは2015年の高校野球界における注目選手を見ていきます。注目選手は、センバツに出場できる高校の所属選手はもちろん、各地方大会で敗退したものの、今秋のドラフト会議で指名の可能性がある選手なども紹介していきます。
スポンサーリンク

MAX152キロ!県立岐阜商業・高橋順平!

高橋純平君(県立岐阜商業高校・右投右打・投手)
183センチ、76キロというしっかりした体格から投げ下ろす右のオーバーハンドで、このセンバツで大ブレイクが期待される右腕です。
中学時代から141キロを投げ、注目を浴びていましたが実質中央球界では無名の存在でした。

しかし昨秋に152キロを記録して一気に注目度も上昇し、すでに巨人や阪神を始めとした5球団以上が今秋のドラフト会議での1位候補としているほどです。

高橋投手のピッチングはこちらの動画でご覧ください。

魅力その1:圧倒的な馬力!

恵まれた体格から投げ下ろされるストレートはまさに超高校級
ゆったりとしたフォームから急激に早くなる腕のしなりと、投げ終わったあとに体に巻き付くような感じがまるで、現阪神の藤浪投手を彷彿とさせます。

この冬にしっかりと下半身を鍛えて、さらに下半身がしっかりすれば、春のセンバツで152キロはもちろん、藤浪投手が記録した153キロというセンバツ高校最速の記録を更新する可能性も十分に考えられます。
常時140キロ後半のストレートを投げられる高校生はかなり魅力的であり、センバツでもそのストレートで球場を熱くしてくれること間違いないでしょう。

魅力その2:精度の高いカーブ

この高橋投手、あまり変化球の種類が現時点で多いとは言えません。
試合で投げる球種はストレートとスライダー、カーブが中心です。しかし、現ソフトバンクホークスの武田投手が、2014年の日本シリーズで阪神打線を相手に好投した通り、力強いストレートと、キレのあるカーブが投げられれば、ある程度抑えることはできてしまうのです。
カーブはストレートとの緩急がつけることができ、見せ球としての威力は十分です。

まとめ

まずはセンバツでの153キロ越えに注目したいですね!!
あとは、この冬に怪我をしないかが唯一の心配。

個人的に、いま1番気になっている県立岐阜商業の高橋順平投手についてでした。
他の選手についても随時更新していきますので、お楽しみに!!