タバコたばこ煙草

いままでタバコを吸ったことがない方は、身体にニコチンがまだ慣れていないことから、俗にいう「ヤニクラ」になりがちになります。

頭がクラクラしますし、胸のあたりがモヤモヤしてその日の食事が喉を通らないなども聞きます。

タバコ初心者の方はまずはこちらをご覧ください。
タバコを吸っている人の口臭はウンコの臭いって知ってました?
吸う前に知っておきたいタバコのあれこれ!

Sponsored Link

超初心者向け!タバコの吸い方!

1度もタバコを吸ったことがない方に向けて、簡単に吸い方の手順を説明します。

まず、火のつけ方ですがたばこを口にくわえ、ストローでジュースを飲むように息を吸いながら火をつけます。
ただ咥えてているだけでは、酸素が無いのでライターの火を当てても上手く火がつかないので注意してください。

次に吸い方ですが、火をつけた時と同じようにストローでジュースを飲むように吸い込みます。
これで煙が口の中に溜まりますね。
ここで「ふーっ」と吐き出すのが、俗に言う【ふかす】です。

一般的にタバコを吸うというのは【ふかす】のではなく、肺まで煙を入れます。
口の中に溜まった煙をもう一度、深呼吸するように息を吸い込むことで、煙が肺まで入っていきます。

初めての方は、この際に気管に刺激を感じむせてしまったりすると思います。
ここで、少なからず「タバコは体に悪い」と感じるはずなので、辞めるなら今のうちです!!

この記事を読んだ方が辞めたくなるかもしれませんが。
癌だけじゃないっ!タバコが原因の【恐ろしい】病気COPD!

後は、これを繰り返すだけです。
徐々にタバコが燃えてきて、短くなってきます。

どこまで吸うかの決まりはありませんが、短くなっても吸い続けていたら指を火傷します。
吸っていると分かると思いますが、だんだんと刺激が強くなってきます。

たぶん初めての方は、くらくらしてきたり、刺激に耐えれず短くなる前に吸うのを辞めるでしょう。
以上が簡単な吸い方の説目になります。

続いては、どうせならかっこ良くタバコを吸いたいですよね。

タバコは香りを楽しむもの!

もう社会人の方は、飲み会や会社の同僚でスパスパとテンポが早く吸っている人を見かけたりしませんか?
どうしても、品がなく落ち着きがない印象になりますよね。

あくまでもクールに、ゆっくり吸うのがカッコイイ吸い方です。

持ち方や、火のつけ方は海外の映画などを参考にしてみると良いかもしれませんね。

続いて初心者の方には、種類が多すぎて何が何だか分からない銘柄の選び方について説明します。

初心者にオススメのタバコの銘柄

一般的に広く浸透し、吸われているタバコを紹介しますね。
吸わない人でも一度は聞いたことのある名前ばかり。

ですが、味が認められているからこそ浸透をしていますので、銘柄を何にするか迷ったら有名どころである、

  • 「メビウス」(元々はマイルドセブン)
  • 「マルボロ」
  • 「セブンスター」

あたりを購入してみましょう。

他にも候補としては「ラーク」「フィリップ・モリス」「パーラメント」などがありますが、こちらは初心者でいきなり吸う方は多くはありません。

メンソールとの違い

普通のタバコとメンソールの違いって何?
なんと言いますか、メンソールタバコはスースーします。
イメージですと、のど飴を舐めた時やハッカのガムを食べた時のような感じで、少し涼しく喉に煙が通ります。

女性はメンソールのタバコを選ぶ方が多く、男性で吸う方もいますが女性ほどはいないと思って下さい。

普通のタバコよりも、香りが良いという方もいらっしゃいますので周りの人への配慮を考えてる方にいいかもしれませんね。

女性が吸うようなタバコは、通常のタバコよりもタバコ臭さが少ないものも多いですよ。

銘柄が同じでも、タールとニコチンに大きく違いがある

例えばですが、「メビウス」でも一番タールが多いもので10mg程度。
一番タールが少ないもので1mgの物があります。

タールの量が多いほど、吸っている感覚がとても強く感じるでしょう。

よく、禁煙をする時に少しづつタールの量を減らす方がいますが、反対に吸う本数が増えてしまった人も多いです。
初心者は、タールの少ないものから試すと良いでしょう。

慣れてきて煙と吸っている感覚を味わいたいという方は、タールが多いタバコを選んでみてください。

Sponsored Link

長く吸いたい方は、ロングバーションを!

タバコを買いに行く時に、通常よりも長いパッケージのタバコがあります。
今では、多くの銘柄にロングパッケージが発売されていますので、色々試してみるといいでしょう。

同じ値段で長く吸えるので、お得感はあるかもしれません。
代表的なタバコは「パーラメント」ではないかと思いますが、あくまでも好みで。

まとめ

いかがでしたか?タバコを吸ったことが無い方は、どのタバコを吸うか迷われると思います。
最初はメジャーなタバコから入って気分によって変えていくといいですね。

あと、若い方は周りの友人に合わせて無理して吸わない事ですね!!

若いころは好奇心から、タバコを吸っているのがかっこよく見えるかもしれませんが、昨今は喫煙者はどこに行っても肩身の狭い思いを・・・

さらに口臭もヤバくなってきます。自分ではなかなか気が付きにくいものですが、家族や友人、彼女などにはすぐに分かってしまいます。

どうしても、
口臭を抑えたい。
家族や彼女にタバコを吸っているのがバレたくない。

という方は、口臭予防のサプリメントを携帯しておきましょう。

ハミガキだけでは抑えることが難しい口臭にも効果があります。高価な商品ではありませんが、毎日服用するのは金銭的にもツラいですよね。そんな方は、「彼女と会う前だけ」といった使い方もOKです。

喫煙者になるまえにタバコに関する知識を深めておきましょう。
>>>タバコ関連まとめページ