バレンタインと言えば、「チョコ!」が定番となっていますけども、チョコじゃないプレゼントも人気がありますね。
食べるものですと、クッキーが人気あるのではないでしょうか?
チョコが苦手な男性に贈るバレンタインとして「クッキー」は人気があります。
チョコよりも甘みがなく、サクッと食べることが出来ますので甘い食べ物が苦手な男性にオススメ。

だけど、気になるのが手作りのクッキーは賞味期限がどれくらいなのか?
美味しく食べることが出来るのはいつまで?
気になりますよね。

そんなあなたに向けて、手作りクッキーの賞味期限、保存方法などを紹介していくので参考にしてみてください。

Sponsored Link

男性は面倒くさがりなので絶対にその日に食べてもらうように!

もちろん、全ての男性に当てはまるわけではないですが、クッキーは湿気にとても弱いです。
当日、または前日に作ったクッキーを2月14日に食べてもらうようにしましょう。
気合いを入れ過ぎて、何日も前から準備するのはNGです!!

保存方法のメッセージを残してもいいですが、説明的な雰囲気はなんとなく嫌じゃないですか?
それならば、クッキーだけにサクッと食べれるサイズにするのが良いですね。

クッキーは賞味期限が当日くらいで考えましょう。

市販のクッキーは保存料を使っていますし、空気に触れないでパッケージがされていますが、手作りのクッキーは保存料がありません。
冷凍すれば2週間程度持ちますが、わざわざ冷凍させるようなモノをプレゼントしたくないですよね?
男性に気を遣わせてしまっては、本末転倒です。
クッキーはサクッと感じる食感が大事です。
冷蔵でも日持ちはしませんので、当日に食べてもらうサイズと量を考えて作るようにしましょう。

Sponsored Link

プレゼントする時は、完全密閉で!

冷蔵でも食感がなくなってくる手作りクッキーです。
渡す時は、完全密閉にしましょう。
出来るだけ容器の空気を抜いてから包装をしないと酸化が進み
よい食感を失ってしまいます。

一生懸命自分でクッキーを作ったのですから、美味しく食べてもらいたいですよね。
「今日中に食べてね」などのメッセージがあるとなお良いかもしれませんね。
アイロンを使った密閉方法はオススメですよ。
高温過ぎるとプラスチックの袋が溶けてしまう可能性がありますので、あまり熱すぎない程度でプラスチックの袋をくっつけるといいでしょう。

袋を密封するのは難しそう・・・と思う方は、このような瓶にクッキーを入れるのもおしゃれじゃないでしょうか?

完全密閉ですと、冷蔵保存でもサクサク感が3日くらいは維持出来ますよ

まとめ

クッキーの保存方法や賞味期限でしたが、参考になりましたか?
食感が大切なクッキーはチョコレートよりも保存が難しいです。

出来れば当日で食べきれるのが一番かもしれませんね。
一言メッセージを添えれば、アナタの心遣いに男性は喜んでくれるかも!!