普段、男性の方はどのようにマフラーを結んでいるでしょうか?
普段の通勤の時など面倒になってさらっと首もとを一周させるだけで
無頓着な方も多いのでは?

ラフな巻き方でもそれはそれで良いのですが、巻き方を変えると
見た目もスマートに見えたり、自分の首元がより暖かくなったり、服装に合わせて巻き方を変えると周りからの印象も大きく変わってきますよ。

マフラーのデザインによって巻き方も変わってきます。
例えば、とても派手なマフラーが合ったとします。
そのようなマフラーを全部見えるような巻き方は、周りからは
あまり好印象は抱かれない可能性があります。
つまり目立ちすぎなのですね。
マフラーのデザインからも色々結び方、見せ方、全体の雰囲気としての使い方を紹介したいと思います。

私服とスーツでも大きく変わってきますので、明日から試してみてはどうでしょう?
基本的な結び方のアレンジなど色々あります。
スポンサーリンク

ジャケットやコートなどに「ビッティ巻き」

マフラー巻き方出典:http://matsu-hajime.livedoor.biz/archives/51562937.html
一周させてあとはネクタイを結ぶように縦に流すビッティ巻きは、ちょっと雰囲気を変えるのにおすすめ。
「ビッティ巻き」は、マフラーの素材次第で色々な雰囲気とコーディネートが楽しめて、女性からも清潔感を感じウケがよい結び方と言えます。

生地が厚めのマフラーでしたらコートに良いですし、タイトなレザーブルゾンなどには、生地が薄めのものがジップを閉めて、中に入れるようにスタイリングも出来ますので、この結び方が好きな方は、生地が厚いものと薄いもの、2つ用意すればほとんどコーディネートで悩む事はほとんどありません。
他の結び方が出来ればさらに良いですね。

マフラーを見せたい方は、「シングルループ」

シングルループ出典:http://www.fashionsnap.com/the-posts/2014-10-30/muffler/
このシングルループは、キツく巻いて細めにまとめるのか、あえてラフにゆるめに巻くのかでかなり印象が変わります。
一番マフラーの結び方で多いと言われています。
ボタンなどを閉めないスタイルに合わせるといいでしょう。

「ビッティ巻き」よりもカジュアルな印象をあたえることが出来ます。
面倒!と思ったらコレかも!?

暖かさを重視なら「一結び巻き」

ぐるぐる巻き出典:http://blog.mens-fashion-labo.com/how-to-tie-muffler-11719
「グルグル巻」とも言われていますね。
カジュアルなスタイルに合う結び方です。
スーツやコートにはあまり合わない結び方です。

これは、ファッションの知識やセンスのある方向けの結び方と言えるかもしれません。
アウターと全体の雰囲気を合わせる事で、スマートにかっこ良く見える結び方ですので、暖かさを重視ならコレが一番いいのですけど周りからはあまりかっこ良く見られないかも?

まとめ

上に挙げた結び方なのですが、多くの人は右利きですよね?
反対に左利きの人が同じようにするとまた印象が変わります。
「逆シングル巻」などありますので、利き手に拘らずに、コーディネートのイメージをしておけばどのようなマフラーを選べばいいのか分かりますので、色々研究されてはどうでしょうか?
彼女や友人にアドバイスを求めるのもいいですよ。