季節の変わり目や長時間のデスクワーク、原因が分からない頭痛に悩まされる方ってたくさんいらっしゃいますよね。

私は、季節の変わり目、特に急に寒くなったりしたら頭痛・肩こり・吐き気と「もうかんべんしてくれ〜」と叫びたくなる症状に悩まされてきました。

よくよく考えてみると、頭痛・肩こり・吐き気は全てリンクしていてるということですよね。
肩がこって頭痛が発生し、吐き気が起きるといったように。

全てに当てはまる訳ではありませんが、頭痛と肩こりは同時に改善していくのが良いのでは?という考えのもと、頭痛・肩こりに効くツボをそれぞれ紹介していきます。

私もまだまだ勉強中ですが、「薬に頼らずなんとかしたい!」という方は参考にしてみて下さい。

Sponsored Link

頭痛に効くツボ!天柱−てんちゅう

まずは緊張性頭痛に効果があると言われている「天柱−てんちゅう」というツボです。
頭痛に効果のあるツボ
ツボの位置ですが、まずは僧帽筋という首の中心の筋肉を見つけます。肩から繋がっている、首を動かす時に動く筋肉です。
僧帽筋を見つけたら髪の生え際まで辿り、僧坊筋のすぐ外側の位置になります。

ツボの押し方:左右両方のツボを両手の親指で、頭の中心に向かって押し上げるように刺激します。

続いては、肩こりに改善に効果のあるツボを2つ紹介します。

肩こりに即効性のあるツボ!肩井−けんせい

こちらは、肩がこっている時によくみんさんが無意識に刺激しているツボですね。
肩こりに効果のあるツボ
第七頸椎(首と肩の付け根の出っ張っている骨)と肩先の骨を結んだ線の真ん中にあります。
右手を左肩に置いた場合、自然と中指がくるあたりです。

ツボの押し方:中指で皮膚に対して垂直に押します。押しながら首を左右に動かすとさらに効果があります。

痛い肩こりに効く後谿−ごうけい

最後は、痛みをともなうつらい肩こりに効くとい言われているツボです。
肩こりのツボ
場所は小指の付け根にある出っ張った骨のすぐ下です。
小指の骨を指先から辿っていくと分かり易いです。

ツボの押し方:くぼみに親指を押し当て、指先方向に押し上げます。

Sponsored Link

まとめ

上手くツボを押せていると、「痛い」「気持ちいい」といった刺激があります。何も感じない場合は上手くツボが押せていない可能性があるので、自分なりに探ってみてください。

また温めたり、ゴルフボールなどを使って刺激するのも効果的ですので試してみてはどうでしょうか。