まず初めに、皆さんご承知だとは思いますが、徹夜で勉強するのは効率も悪く、体の事を考えても良くありません。

それでもやらなければいけない時が人生にはあるんですよね。ほとんどはサボっていた自分に責任があるんですが・・・

徹夜勉強を推奨するわけではありませんが、ここで諦めて寝てしまう方が、人生においてマイナスだと思います!!

体への負担も大きく、テストの結果もイマイチ・・・ということになってしまうかもしれませんが、「一夜漬けでテストに挑んだ」という経験も後の人生に役立ってくるでしょう。

ということで前置きが長くなってしまいましたが、徹夜勉強を極めた管理人が、徹夜で勉強する際に役立つ、

  • 眠気を覚ます方法
  • 効率良く点を取る方法
  • 記憶を定着させる方法

などを紹介していきます!!
5分も掛からずに読めるので参考にしてみてください。

Sponsored Link

眠気を覚まして勉強に集中する方法!!

まず初めに行うことが「寝る」ことです。

徹夜で勉強するのに寝るって?と思うかもしれませんが、 眠たいまま我慢して勉強していても一向に集中できず、まったく手が動かないという経験はありませんか?

そのような状態で勉強するのが1番効率悪いと思います。

当然朝まで寝てしまっては大惨事なので、午後7時〜11時ぐらいの間で仮眠をとります。
次に行う事がシャワーを浴びることです。仮眠をしたあともまだ頭がボーっとしていると思うので、シャワーで目を覚まします。

そして最終兵器!エナジードリンクの補給です。
眠くなってから飲むのでは手遅れなので、ここで飲んでおきます。

参考までに眠気を覚ましてくれる、カフェインの含有量ランキングです。

1位:強強打破150mg
2位:モンスターエナジー142mg
3位:眠眠打破120mg
4位:メガシャキ100mg

これらを1本飲めば十分です。

カフェインの取り過ぎは体に良くないので、そこだけは注意してください。
関連記事:カフェインの致死量は?コーヒー何杯?

ここから4時間ぐらいはぶっ続けで手を動かします!!
途中疲れてきたら、チョコレートなどの甘いものを食べると集中力を持続し易いです。

続いては効率良く点を取る方法についてですね。

諦めが肝心!!8割でやめる。

この記事を読んでいる方は私と同じで、勉強があまり得意ではない方(失礼)だと思います。

そんな私たちが徹夜で少しでも良い点を取るためには、完璧を目指してはいけません!!
特に徹夜では脳があまり働いていないと思われるので、難しい問題に頭を捻らせているのは時間の無駄です。
「これはテストに出そうだな<」という問題を数多くこなしていくのが良いでしょう。 難しい問題1問より、簡単な問題2問の方が点の配分も高いハズです。

さらに、どんな問題がテストにでそうか?と考えて毎回テスト勉強していると、どんな問題がテストに出易いのか分かってくるようになります(経験談)

徹夜勉強のスキルが上がってくるんですね!!
良いのか悪いのかは分かりませんが・・・

そして最後!記憶を定着させる方法ですね。
これが個人的に1番重要だと思います。

Sponsored Link

記憶を定着させるには”寝る”しかない!

睡眠記憶
ここまで集中して勉強してきて、まだできていない所もあるかもしれません。
でも1時間ぐらいは寝てください!
まだ終わってないからと、一睡もせずにテストに向かうより絶対に寝た方が良いと体感しています。

残り1時間勉強するより、1時間寝た方が良い点が取れるということです。
睡眠時に記憶が定着するというのは、誰もが1度は耳にした事がありますよね?

論文主執筆者のディーケルマン氏は「記憶の再活性化は、睡眠時と起床時では全く違った効果を及ぼした」と述べた。

同氏によると、脳の画像分析をしたところ、睡眠後わずか数分で海馬から新皮質への新情報の移動が始まっていた。40分の睡眠後には、新たな記憶に妨害されない長期保管の領域に、十分な量の記憶が保管されたという。

ネタ元:http://www.afpbb.com/articles/-/2783221?pid=6720930

簡単に言うと、40分の睡眠でも記憶するのには十分良い影響を及ぼすということですね。

まとめ

初めにも”寝て”また”寝て”これは徹夜と言えるのか!?そんなことはどうでも良いんですね。
これが効率良く点を取る方法なので。

徹夜はオススメできるようなことではありませんが、睡眠が記憶に及ぼす影響を考えても、朝早く起きて勉強するより効率の良い方法だと私は思っています。

勉強が得意ではない私たちには「ほぼ徹夜勉強」が1番良いということですね。

明日のテストでは+20点目指して頑張ってみてください。